CSR
ホーム > CSR > 社会と共に

社会と共に

助け合いの心と地域活動

写真:お祭りへの参加カネダでは社員間のコミュニケーションやお客様とのコミュニケーションをはかるため「コミュニケーションルーム」を日本橋と浅草橋に開放しています。1人200円のチャリティーチャージでアルコール類の飲み物がフリーとなります。集まったチャリティーをねむの木学園などの社会福祉施設への寄付、ダスキン愛の輪チャリティーへの寄付国際救援財団への寄付や地震義援金の寄付などを継続しています。
また地域社会へは町内神輿の担ぎ手として町内お祭りへの参加やチャリティーフリーマッケトへの参加を行っています。

「油」と共に

油の神様として知られる京都大山崎、離宮八幡宮は895年8月23日に遷宮され、この神社で初めて長木を使用し荏胡麻油が搾られ日本での搾油の始まりとなりました。この遷宮された記念すべき日が「油の日」と制定され、カネダでは「油の日」の認知していただくため毎年、油に関する展示や最初に搾られた油、荏胡麻油(しそ油)等のプレゼント抽選会を記念日に開催しています。

災害に備えて

カネダは関東大震災、東京大空襲など経験をしてきている会社です。過去の経験や消防法に基づき、カネダ株式会社の防火管理についての必要事項を定め、火災、地震その他の災害の予防と人命の安全、被害の軽減を図ることを目的とし消防計画が作られ運用されています。
特に地震対策として飲料水、食べ物、緊急備品類の備蓄をはじめ、体験学習を通し緊急時への心の備えも同時に行っております。