事業紹介
ホーム > 事業紹介 > 医薬品原料/医療材 > ハイコール ジェル®(ゲル化炭化水素)
ホーム > カネダビジョン[健] > ハイコール ジェル®(ゲル化炭化水素)
食健美環境

ハイコール ジェル®(ゲル化炭化水素)

ハイコール ジェル「ハイコール ジェル®」は、医薬品添加物規格のゲル化炭化水素で、流動パラフィン(日局)を5~
10%に相当する量のポリエチレンでゲル化したものであり、無色~微黄色半透明の軟膏よう物質で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はありません。
医薬品の添加物として、一般外用剤、歯科外用及び口中用として使用されています。
最大使用量は、一般外用剤 999.5mg/g、歯科外用及び口中用 適量、直腸膣尿道適用 3g。

外用剤の基剤分類

分類 基剤成分 一般的特徴
油脂性基剤 鉱物性基剤 流動パラフィンワセリン、パラフィン、ゲル化炭化水素 ・皮膚柔軟作用
・結痂軟化脱落作用
・経皮吸収作用
・肉芽形成作用
・安全性
動物性基剤 ロウ(ワックス)、植物油(ゴマ油オリブ油ダイズ油ナタネ油
乳剤性基剤 水中油型基剤 親水軟膏、バニシングクリーム ・化粧性
・可洗性
・薬剤の配合性が大
・皮膚冷却作用
・経皮吸収が大
・安全性(W/O)
油中水型基剤 ・水相を有するもの:吸水軟膏、コールドクリーム
・水相を欠くもの:親水ワセリン、精製ラノリン
水溶性基剤 マクロゴール軟膏(PEG) 油脂性外観、水溶性で薬物の溶解・混和性が大
懸濁性基剤 ヒドロゲル ゼリー状基剤、無脂肪性軟膏 薬物の溶解性が大で経皮吸収が大
リオゲル FAPG基剤 軟膏とクリームの両性を持ち経皮吸収が大

山本將文:主な基剤とその特徴 薬局53(11)2~10,2002

製品の性状

本品は無色~微黄色半透明の軟膏よう物質で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はしません。
本品は 水又はエタノール(95)にほとんど溶けません。
本品はジエチルエーテル又はキシレンに混濁して溶けます。
比重(d20/20):約0.88〔油脂試験法の比重(2)を準用する〕。

製品規格

「ハイコール ジェル®」は、80kgドラム、17kg入りのペール缶で販売します。

規格値

試験項目 規格値 試験方法
確認試験 (1) 明るい炎をだして燃え,パラフィン蒸気のにおいを発する 薬添規
確認試験 (2) 赤外吸収スペクトル測定法の薄膜法により測定するとき,波長 2910cm-1,2850cm-1,1460cm-1,1380cm-1及び720cm-1付近に吸収を認める 薬添規
純度試験 (1) 酸又はアルカリ 5分間加熱した後,激しく振り混ぜるとき,赤色を呈しない
水酸化ナトリウム液を加えて振り混ぜるとき,赤色を呈する
薬添規
純度試験 (2) 重金属 10ppm以下 薬添規
純度試験 (3) ヒ素 2ppm以下 薬添規
純度試験 (4) 遊離流動パラフィン 0.2%以下 薬添規
ちょう度 280~340 社内法

ハイコール ジェル®の特徴

①温度の変化によって、ちょう度の変化が少ない。

【流動性】

展性(流動性)

白色ワセリンは低温時により硬く、高温時により緩く、温度の変化に比例して展性も増減するが、ハイコール ジェル®は白色ワセリンと比較して展性の増減の幅が抑えられ、より安定した物性を示します。また、各温度における経時変化に関しても非常に安定的です。

②化学的にきわめて不活性な物質です。

③無色、無臭、中性で皮膚に刺激性を示しません。

ハイコール ジェル®は、添加剤(グリセリン脂肪酸エステル)を加えることによって、親水性を付与する事ができます。薬添規「親水ゲル化炭化水素」

使用上の注意

ハイコール ジェル®を薬物の混和又は希釈のために融点 ( 約95℃ ) 以上に加熱する事は、
ハイコール ジェル®の構造を破壊し、その特長の大部分を失わせる事になりますのでご注意下さい。

ちょう度試験方法

装置と器具

a)ちょう度計:JIS K2220に規定するもの。


b)円すい:JIS K2220に規定する1/2スケールのもの

試験方法の概要

25℃でちょう度計に取り付けた円すいを、試料容器に満たした試料に落下させ、5秒間進入した深さを読みとり求める。

販売について

 

三和化成工業株式会社で製造し、カネダ株式会社が販売致します。

「ハイコール ジェル」のSDS(MSDS)はこちらからダウンロードできます。 「ハイコール ジェル」のサンプルをご希望の方はこちらからお申込みください。

お問い合わせはこちら! 医薬医療材部 03-5200-1312