事業紹介
ホーム > 事業紹介 > 電子包装・物流資材/樹脂・樹脂原料 > ポリ乳酸系コンパウンド樹脂
食健美環境

ポリ乳酸系コンパウンド樹脂

ポリ乳酸系コンパウンド樹脂は、トウモロコシから生まれたエコロジー素材です。
ポリ乳酸は、植物由来の原料を発酵することで作り出され、繰り返し育てられる「再生可能資源」のため、重要性が認識されてきています。
また、生分解により、使用後は微生物の働きによりコンポスト化(肥料への再生)が可能であり、燃焼時は紙同様に燃焼エネルギーが低く有害物質を含む燃焼ガスも発生しないので安心してご利用いただけます。

ポリ乳酸系コンパウンド樹脂の用途

トレイ、容器、パソコン筐体、携帯電話、農業用フィルム、食品の包装材

ポリ乳酸系コンパウンド樹脂の特徴

【樹脂物性】
生分解性樹脂の中で、高い剛性と硬度があります。
透明性、表面光沢に優れています。

【成型性】
一般的な成型機で成型する事が可能です。
成型前の乾燥は不要です。

【分解性】
緩やかな生分解性があり、使用後にコンポスト化(肥料への再生)ができます。
通常の使用条件では殆ど分解しませんが、土中で数年掛けて炭酸ガスと水に分解します。

【燃焼性】
低燃焼エネルギーです。(焼却炉を傷めません)


お問い合わせはこちら! 産業マテリアル部 03-5200-1325